FC2ブログ
2月8日



ちらちらと雪が降る今日。

部屋の中が静かでとても気持ちよく感じます。


そんな中、午前の休憩タイムに最近久しぶりに購入したCDを流してみる。

青木隼人さんの Echo、Room Echoの2曲が入ったCD。

ピアノのみと、ピアノとギターからなる曲です。



音が耳に入ってくるとちらちら降る雪と窓から見えるいつもの景色が違うもののように見えるんです。

外の景色だけではなく、この場所の空気感も。

マグカップに入れた熱々の紅茶の湯気でさえも。




人に伝える言葉のボキャブラリー、表現の仕方が足りないことが悔やまれますが、

音楽があるだけでこんなにも日常の風景が変わることを改めて感じて感動しております。



今まではピアノの音のみを聞くなんてことも無かったし、うたがある曲を聞く事の方が多かったので大人になったなぁなんてくだらない事を思ったりもして。


こんな風に、今興味がないことも年を重ねると興味を持ったり、感じることがあるんだろうなと考えるとまだ見ぬ未来がなんだか楽しみになってきました。


そんなことを感じた瞬間ブログに綴りたくなったのでした。


GISEL ham









スポンサーサイト
|GISEL | comment(0) | trackback(0)
2月お知らせ。



今日は、葉脈が綺麗だなぁ。水滴の音が綺麗だなぁ。

なんてことを意識をしなくても感じとれた日でなんだかうれしくなりました。



そして今日は石川県白山市にある器屋、ツカノマさんに行ってきました。



作家ものの素敵な器に囲まれて、アクセサリーを並べさせて頂きました。

しかも器も使わせて頂き、ウキウキしながら広々と展開させていただきました。

DSCF3964.jpg


店主さんも気さくでお話ししやすくて、居心地が良くて長居したくなってしまう。そんなお店です。


ツカノマさんでご覧いただけるのは2月の1ヶ月間です。

そんなに数が多くはないので途中で追加もできたらと思っております。

器も目移りする素敵なものをたくさん取り扱っていますのでお気軽に遊びに行かれてみてください。


2/1-2/28

ツカノマ
open 10:00-18:00
定休日 水.木
石川県白山市手取町オ113


GISEL ham


|GISEL | comment(0) | trackback(0)
1月のとある日。




ゆったりした時間がある時だからこそ今の間に色々なものを作りたい。

って思うんですけどね、そういうときってなんにも浮かばないんです。

手を動かして見てもなんか違う、意識していつもと違う視点で周りを見渡してみたり美術館に行ってみたりしてもまるでだめ。




ようやく少し光が見えてきました。いつもとは毛色の違ったものができるかも。
こんなの見てます。なぜか急に気になりだした古代の文字。
IMG_3814.jpg
良い感じにアクセサリーに仕上がるかもわかりませんが、今わくわくできている事だけは確かです。


GISEL ham




|GISEL | comment(4) | trackback(0)
2019年



新年明けてはや5日。

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。


2019年の365日誕生日ランキングというものを発見し、自分の誕生日が2位だったので今年は何かに期待。

といっても自分の行動次第ですよね。




昨日、今日と思い立って福井県大野の友人宅へ行ってきました。山々に囲まれた大野の空気、水、景色は本当に綺麗。
IMG_3791.jpg

写真では伝えきれないのが残念に感じるほど。この場所の空気を伝えたい。
IMG_3799.jpg

IMG_3802.jpg

IMG_3801.jpg

快晴の空にささるような日差し、冷たい空気に水の流れる音。
IMG_3803.jpg
これから雪がたくさん降る本格的な冬が始まるとなかなか行けなくなるので今行けてよかった。

年始から最高に気持ちのよい時間を過ごすことができて幸せです。


2019年も、どうぞよろしくお願いいたします。


GISEL ham







|GISEL | comment(0) | trackback(0)
2018年12月31日。




いよいよ今年も終わりです。


今年はGISELとしてどんな年だったかなぁと振り返るのにブログを見返す。

こんなもの作ってるよ〜という途中段階のままお見せしてなかったものがあった。

今年の間に載せたいなと。

それは友人の結婚式の際に身につけるヘッドアクセサリー。


決して派手ではないヘッドアクセサリーなのですが、友人の選んだドレスに髪型、ブーケ、場所、全体の雰囲気にすごく溶け込んでおりました。

そりゃ、そうですよね。彼女のためだけに制作したものだから一番似合うはず。

気合が入っていろいろなパターンのものを考えたり試作したりして苦戦しながら最終的に仕上がったのがこちら。
IMG_2646.jpg
こうやって花嫁になる事も、花嫁の一部のヘッドドレスを私が作らせてもらうことになるなんてあの頃は考えもしなかったよね。


昔のことを思って考えてみるとなんだか感慨深いです。


結婚式は一年の真ん中あたりだったけど、こうやってまた改めて思い出してじんわり幸せな気分で今年が終われそうです。


のんびり更新ですがここに覗きにきてくださる皆さま、今年も本当にありがとうございました。

来年もおつきあいいただけると嬉しいです。



GISEL ham

|GISEL | comment(0) | trackback(0)